話しの種まき

フィギュアスケートとX JAPAN。

ケリガン襲撃事件を世間が忘れる日

  昨日の記事でもちょっとふれましたが、羽生選手などが生まれた1994年はリレハンメルオリンピックが行われた年でもあり、ケリガン襲撃事件が起きた年でもありました。詳しくは↓フィギュア史上最大事件 元夫が米代表ライバル殴打肝心のハーディングがこの件に係っていたかどうかですが…。まず離婚した元夫が元妻のために自発的にそこまでするでしょうか。元妻に相談せずに自分の考えで、自分と直接関係が無いケリガンを...

続きを読む

* Category : ケリガン&ハーディング

Comment-open▼ * Comment : (0)

1994年 幕張は自由だった

羽生結弦、大谷翔平、瀬戸大也、萩野公介、高木美帆など、日本が世界に誇るアスリート達が続々と誕生した1994年。私は何をしていたかというと、 幕張で行われたフィギュアスケート世界選手権を見に行っていました♪この年はリレハンメルオリンピック後の世界選手権。リレハンメルと言えば、ケリガン&ハーディング事件。ケリガンは早々に世界選手権辞退を発表してたので、ハーディング来日に期待が高まっていたこの大会。そんな訳...

続きを読む

* Category : 1994年幕張

Comment-open▼ * Comment : (0)

羽生選手の国民栄誉賞に思う。時代は変わったな

羽生選手、国民栄誉賞受け取ったんですね。話しが出てから受賞まで長引いてたので、もしかしたら拒否するのかな、と少し期待したんですけど。20代の若者にこうも早々と国民的栄誉を授けちゃうのってどうなのでしょう。これからの人生のほうが遥かに長いのに、とちょっと心配になってしまう。と同時に素直に受け取ってしまう羽生選手にも、若者なんだから少しはお上に逆らったら?って思ってしまいました。私が学生の頃はみんな大な...

続きを読む

* Category : 羽生結弦

Comment-open▼ * Comment : (0)

初めまして

フィギュアスケートで最初に記憶にあるのが、サラエボのトービル&ディーンのボレロでした。その次にカルガリーの伊藤みどりにコーフンし、でもアルベールビルではプログラムが自分の好みだったクリスティ・ヤマグチを応援しました。ペアとアイスダンスに関しては、ロシアのゴルデーワ&グリンコフ、ミシュクテノク&ドミトリエフ、グリシュク&プラトフが今世最高じゃないかと思った。技術と芸術の迎合というのはこういうものかと...

続きを読む

* Category : 最初に

Comment-open▼ * Comment : (0)