話しの種まき

フィギュアスケートとX JAPAN。

肉食で行こう! 宇野昌磨

何がイヤかって、ベジタリアンの人が肉を食べる人のことを見下すことが凄くイヤ。「まだ肉なんか食べてるの」「次元が低いね」「早くこっちにおいでよ」大きなお世話だぃ(`o´)特にイヤラシイのがスピリチュアル系のベジタリアン。彼ら曰く、肉を食べると肉体も霊も汚れるらしいです。しかも肉と共に殺された動物の念まで身体に取り込むから怒りやすくなり、攻撃的になるらしい。しかし菜食を続けることにより霊性が上がり、自然と...

続きを読む

* Category : 宇野昌磨

Comment-open▼ * Comment : (0)

荒川静香と村主章枝 明なのか暗なのか

荒川静香がトリノ五輪で金メダルを取った時、やっぱり、と嬉しい気持ちで一杯でした。スルツカヤもコーエンも荒川静香が本気を出したら勝てない。スルツカヤはジャンプは高いけれど全てが雑。コーエンはポーズは綺麗だけど肝心のエッジワークがイマイチ。彼女はフィギュアスケーターというよりも新体操の選手だった。私は荒川選手が金メダルを取ると思っていた。それは2005年全日本の表彰台での彼女のくやしそうな顔を見て、あ、火...

続きを読む

* Category : 荒川静香&村主章枝

Comment-open▼ * Comment : (0)

デニス・テン ノーブルな氷上のアーティスト

7月19日、彼が死亡したというニュースを聞いてから、Youtubeで何度、彼の動画を見たことでしょう。デニス・テン。私の一番好みの男性スケーター。品があり、私がこうあって欲しいと思うフィギュアスケートを体現してくれる一人。彼の曲の解釈が他の誰よりも好き。中には彼の演技は練習のようで魂がこもっていない、というような事を言う人もいましたが、あれくらいが節度があって丁度良いのです。やり過ぎると下品になるだけ。そし...

続きを読む

* Category : デニス・テン

Comment-open▼ * Comment : (0)

「オーラの泉」そしてアグネス・チャンのこと

私が「オーラの泉」に胡散臭さを感じたのは、番組ももう後半に入っていたと思うのですが、アグネス・チャンの回でした。私は子供の頃アグネス・チャンのファンでした。「ひなげしの花」を初めてラジオで聞いた時にその声に衝撃を受けたのです(笑)。シングルレコードが出るたびに親に買ってもらい、働き出してからは彼女の本を購入して読んでいました。自伝的なものから、料理本、香港観光の本まで、彼女の出版物は殆ど目を通したと...

続きを読む

* Category : アグネス・チャン

Comment-open▼ * Comment : (0)

スピリチュアルは神の否定

実は私は以前、スピリチュアルなものにはまっていたことがあります。一番のピークは2012年。12月にアセンション(次元上昇)が起こって、私達はテレパシーのような超能力を身に付けられるのだと信じておりました。今となっては私の黒歴史です。だから、と言ってはなんですが、羽生選手のあの両手首に付けているパワーストーンを見た時に、その私の黒歴史を思い出してしまいました(笑)また彼のネックレスが彼の整体師の「念」入りだ...

続きを読む

* Category : スピリチュアル

Comment-open▼ * Comment : (0)

高橋大輔にジャンプはいらない

高橋大輔が現役復帰しました。「何をしたいのかわからない」という声があったみたいですが、私は単純に嬉しかったです。誰かのためではなく、自分のためにやりたいんだから、やらせてあげましょうよ。彼の真剣勝負がまた見られることが嬉しいです。やっぱりスポーツは真剣勝負じゃなくっちゃいけません。アイスショーはやっぱりショーだから、選手の真剣度は競技会に比べて落ちざるを得ません。ジャンプも2回転程度だし、中には本...

続きを読む

* Category : 高橋大輔

Comment-open▼ * Comment : (0)

人生は長い。恋するな乙女

タラソワコーチはかつて浅田真央に、「マオ、恋をしなさい」と言ったとか。はっきり言います。恋愛は足を引っ張ります。恋人がいるから頑張れる、ということはありません。逆に恋人がいるからこそ不安になります。練習に集中できなくなります。恋人との時間を作るために、練習がおろそかになってしまうことだって、きっとあるでしょう。今自分が練習している時に、恋人が他の人と仲良くやっているのではないかと不安にもなるでしょ...

続きを読む

* Category : フィギュアスケート全般

Comment-open▼ * Comment : (0)

キム・ヨナ 反日国家の犠牲者

キム・ヨナはいつも不機嫌そうな顔をしている。どうみても幸せそうじゃない。五輪金メダリストという名誉と、地位、それに伴う富を全て手にしたはずなのに、何がそんなに不満なんだろう、といつも思う。浅田真央のほうが絶対に幸せそうじゃないか。キム・ヨナと浅田真央。どちらも母国で絶大な人気を博しているが、その意味合いはかなり違う。キム・ヨナは勝ったから愛されている。浅田真央は勝たなくても愛されている。 冒頭の写...

続きを読む

* Category : キム・ヨナ

Comment-open▼ * Comment : (0)

浅田真央 舌を制して悪を言わず

浅田真央を嫌いな人はいないんじゃないかと思います。誰でも多少なりの好き嫌いはあるとしても、彼女のことを嫌い、と言う人は聞いたことが無いし、会った事が無い。20代後半になっても、子供みたいな笑顔を失っていない、本当に稀有な存在だと思います。あれだけの長い間、世界のトップレベルで戦い、残念ながら結果が残せないことも多く、世間からの非難の目に晒されたこともあっただろうに、決してひがまず、歪まず、妬んだり、...

続きを読む

* Category : 浅田真央

Comment-open▼ * Comment : (0)

羽生選手に必要なのは安息である

安息とは:何の心配・苦痛もなく静かに休むこと。羽生結弦選手の国民栄誉賞が授与されました。その時の一問一答を読んで、この人は大丈夫なのだろうか、と心配になりました。その一部を引用します。*****************「スケーターとして人間として、このように素晴らしい賞をいただけるということは、普通ではいけないんだなって自分の中ではちょっとけじめをつけている。これからも私生活含めて、いろんなことに...

続きを読む

* Category : 羽生結弦

Comment-open▼ * Comment : (0)