種を蒔く人

フィギュアスケートとX JAPAN。聖書の神様を信じています。

高橋大輔にジャンプはいらない

daisukekristi.png


高橋大輔が現役復帰しました。

「何をしたいのかわからない」という声があったみたいですが、私は単純に嬉しかったです。

誰かのためではなく、自分のためにやりたいんだから、やらせてあげましょうよ。

彼の真剣勝負がまた見られることが嬉しいです。やっぱりスポーツは真剣勝負じゃなくっちゃいけません。

アイスショーはやっぱりショーだから、選手の真剣度は競技会に比べて落ちざるを得ません。

ジャンプも2回転程度だし、中には本当に力抜いてるな、って分かる人もいるし。

例え真央ちゃんでも、羽生クンでも、アイスショーで見たいとは思わなかった。

でも、高橋大輔だけは別。

彼だけはアイスショーでも見たいと思った。いや、アイスショーの方がより彼らしい滑りを見ることが出来るんじゃないかと思った。ジャンプは跳ばなくてもいいんです、あのステップが、あのターンがあれば。

彼こそジャンプ無しのプログラムに耐えられる、数少ないスケーターの一人。

正直、彼のスケートはどちらかというと好みではないのですね。

私はあくまで王道、正統派が好き。日本人選手なら本田武史とか、小塚崇彦とか、羽生結弦とか。あんまりセクシーさを醸し出したり、外連味があるタイプは好みじゃないんです。

だけど高橋大輔は、例えセクシーでも、外連味でも、あそこまで出来るからOKなんです。もう好きなだけやって下さいよ、と言いたくなる。

今回の現役復帰も、きっと多くのファンは4回転ジャンプなんか跳べなくてもいい、大ちゃんのあの縦横無尽なスケートが見れればそれでいい!と思っているはずです。

だから、世間やマスコミはあまりジャンプの出来ばかりに注目しないで欲しいな。もちろん勝負の場に戻るんだから、勝った方がいいし、そうなると難度の高いジャンプは必要だろうけど。

でも高橋大輔の魅力はそこではない。

羽生選手とは180度違うタイプのスケーター。それぞれの得意分野が全く違うし、魅せ方も全く違う。だから好みがはっきりと分かれてしまいます。

どちらがいいとか悪いとかじゃなくて、どちらも見るべきところが沢山ある素晴らしいスケーター。だから素直に良い所は良いと認めたい。こんなにタイプの違うスケーターを同時に楽しめるなんて、そうあることじゃありません。

そんな高橋選手、昔はチャラいヤンキー兄ちゃんだったのが、背広なんかが似合ういい社会人になって、解説の仕事も似合ってるじゃない、と思っていたんですけど、本人いわく向かなかったらしいですね。でも彼の人柄の良さが出ていて、私は嫌いじゃなかったな。




このニースの観客のノリの良さよ。

彼には日本の声援、「ダイちゃ~ん」よりも、欧米の「ヒューヒュー♪」のほうが似合う気がします。


スポンサーサイト

* Category : 高橋大輔

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する