話しの種まき

フィギュアスケートとX JAPAN。

「オーラの泉」そしてアグネス・チャンのこと


陳美齢


私が「オーラの泉」に胡散臭さを感じたのは、番組ももう後半に入っていたと思うのですが、アグネス・チャンの回でした。

私は子供の頃アグネス・チャンのファンでした。「ひなげしの花」を初めてラジオで聞いた時にその声に衝撃を受けたのです(笑)。

シングルレコードが出るたびに親に買ってもらい、働き出してからは彼女の本を購入して読んでいました。自伝的なものから、料理本、香港観光の本まで、彼女の出版物は殆ど目を通したといってもいいと思います。図書館にあった子育ての本やら自己啓発みたいな本まで読みました。

新聞に彼女の記事が載ると、切り取ってスクラップブックに保存していました。

だから彼女が「オーラの泉」に出ると聞いて、どんな自分の知らない話が飛び出してくるのだろう、と、とても楽しみにしていたのです。ところが。

なんと出てくる話し出てくる話し、ほとんどがどこかで聞いたことがある話しばかり。家族のこと、ガンを患ったこと、マザー・テレサを尊敬していること等々、殆ど一般公開済みの話しばかり。

そして彼女の前世は「シスター」だと江原さんは言いました。

何か一番無難な線を選んできたな、というのが率直な感想でした。彼女はクリスチャンだし、尊敬している人がマザー・テレサだから、ならそうしておけば間違いないだろう、という製作者側のお手軽さをそこに感じてしまい、全く真実味がありませんでした。

そしてアグネスの亡くなった父親を江原さんが霊視した時のセリフが確か、

「とってもハンサムでダンディなお父さんでしたね」

これ朝日新聞の記事で(多分”親父の背中”という特集だったと記憶しています)、アグネスが父親について語ったことと、そっくりそのまま同じでした。私がその記事を読んだ時に「へぇ、アグネスはお父さんのことハンサムでダンディだと思ってたのか」だと思ったから記憶にあったんです。

あの朝日新聞の記事を参考にした、と感じてしまったのですが、どうでしょうか。

私はあの番組が全くのデタラメだったとは言いません。もう10年以上も前の放送です。私の記憶も不確かです。でもあの回、あのアグネス・チャンの回は、限りなくクロに近かったと今でも思っています。

でももしそしてそうなると、アグネス・チャンもある意味共犯ということになってしまう訳ですね。江原さんが言っていることが霊視でも何でもないことを、賢い彼女が分からないわけがありませんから。

そうだとしたら、かつてのファンとして本当に残念です。


capture-20180720-203406.png

*アグネスと金子さんの香港での結婚式での金子さんのご両親。動画からのキャプチャです。


最後にネット上でまことしやかに広まっているアグネスの夫、金子氏が在日韓国人、又は帰化した在日だという噂について。

私はこれは単なるデマだと思います。かつてアグネスウォッチャーだった私が言います(笑)、金子氏は日本人だと思います。なぜなら、

・アグネスが結婚する時に相手が日本人だという理由で家族に反対された。

・香港のマスメディアにも日本人との結婚が大きく取り上げられ、記者達から「日本と中国が戦争になったらあなたはどちらにつくのか」と質問攻めにあった。

もし金子さんが在日韓国人なら、アグネスともあろう者が、黙ってそんないわれの無い攻撃を受けるはずが無いと思います。

・彼女の「命がいっぱい」という本だと記憶しているのですが、そこに長男和平くんの端午の節句の際、金子さんが自分の鎧兜だったか五月人形だったかをわざわざ取り出してきて、和平君のために飾ってあげる箇所がありました。

在日韓国人の家庭でも、端午の節句に鎧兜とか五月人形を飾って祝うのでしょうか。普通に考えればやらないと思うのですが、どうでしょう。



そしてこの動画の冒頭には、新婚のアグネスが金子さんと香港の日本領事館で、配偶者ビザを取得する場面が出てきます。

少なくとも、金子さんは日本のパスポートを持ってらっしゃるようですね。

でもこれだけでは根拠が弱い、帰化してたら日本のパスポートでしょ、と言われたら、まぁそれまでです。でも日本人である可能性だって捨てきれませんよね。

とにかく”金子さん在日韓国人説”を唱えている人達が根拠を出しているのかと言えば、誰も出していませんでした。

たとえ古い記憶とはいえ一応根拠を出している私と、ネット上で広く知られているけれど根拠の無い話しと、そのどちらを信じるか。

それは皆さんにおまかせします。


スポンサーサイト



* Category : アグネス・チャン

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する