種を蒔く人

フィギュアスケートとX JAPAN。聖書の神様を信じています。

皇室に対する幻想を捨てる

makomuro.jpg


世間では高円宮家の絢子さまと守谷さんの婚約は祝福モードですが、秋篠宮家の眞子さまと小室さんはそうではないようです。出来れば破棄して欲しい、眞子さまに思い直して欲しい、という声が圧倒的に多いようです。

それはやはり、小室さんが定職に就いておらず、それでいて内親王と結婚しようとする神経が普通の日本人には理解できないこと、そして母親、父親の人物像が今一つはっきりしていないこと等、

要するに「どんな馬の骨だか分からない」男性だからでしょう。

それに引き替え、守谷さんは日本郵船という名門企業に勤務し、父親は元官僚、母親は元NPO団体の専務理事、となると誰がどう見てもこちらの方が立派に見えてしまいます。

それにしても小室さんに対する世間の目は厳しいですね。女手一つで育てた、ということで美談になるはずの母親の存在も、借金の発覚等でかえって息子の足を引っ張る形になってしまいました。

まぁ世間の皆さんも、結局は眞子さまのことを心配しているかのようで、本当のところはこれに尽きると思うのです。

小室親子に税金を使うな。

自分達は毎日汗水たらして働いていて、それでも生活は楽にならないのに、あの人たちはこれから私達の税金で贅沢する気なのか、許せない!っていうのが正直なところでしょう。

もし一億総中流の昭和の時代だったなら、世間の人達ももっと大らかに受け止められたのかもしれません。

でもあそこまで声を荒げるのも、ちょっとどうかと思います。週刊誌の報道も段々とイジメのようになってきていませんか。

結局のところ、結局内親王や女王が降嫁したら一時金が支払われることは皇室典範によって決められているのであり、結婚相手によって判断されるものではないのです。

小室さんが特別扱いされている訳ではないのですから、文句を言うなら宮内庁なり政治家なりに言いましょう。ネットの無い時代にはもっと酷い例もあったかもしれませんよ。私達が知らないだけで。

ところで一時金っていうのは皇室経済法により、『皇族であった者としての品位保持の資に充てる為に』支払われるものとされています。

この理屈から言えば、一時金は経済力の無い小室さんに嫁ぐ眞子さまのほうにより支払われるべき性質のもので、逆に絢子さまには必要なさそうだと思いませんか。

でも私は、たとえ相手が大金持ちであろうと貧乏人であろうと、降嫁に際しての一時金は不要だと思います。

ただでさえ皇室の人達は国家予算の中から生活費が支払われていて、しかもノータックスです。月々の電気代も水道代も気にすることはありません。

医療だって最高のものが受けられるし、老後の心配だってありません。介護が必要になればそれこそ専門のスタッフがついて手厚い介護が受けられるのでしょう。我々庶民には手の届かない贅沢さです。

降嫁したのならもう一般人なのですから、特に品位を保つ必要はありません。その家に合わせた暮らしをして下されば、と思います。無いなら無いなりに暮らすのが、品位ある人の姿ではないですか。

…しかし残念ながら一度贅沢な暮らしに慣れると、それを変えることは難しいようですね。

今回天皇が生前退位することによって、これだけのお金が余計にかかるみたいです。


1年半の仮住まい「高輪皇族邸」改修費、8億4千万円から5億円代半ばに削減へ

確か皇室の皆さんは質素な暮らしをされているはずなのですが…。

御所の改修など必要ですか。今あるもので十分間に合うのではないですか?

5億円台半ばに削減へ…ってさも節約してやったかのように書いてありますが、5億円台半ばだって凄い金額です。もうそこら辺の感覚からしておかしいとしか思えません。

それにその「儀式」とやらも、天皇家という家の儀式です。鈴木さん山田さんの家の儀式と同じです。国家の儀式ではありません。天皇は国家元首ではないからです。

そんな、ある意味私的なものに国家予算を投じること自体おかしくはないですか?税金が使われている以上、私達にも詳細を知る権利はあるはずです。

企業には監査がありますが、天皇家の家計簿は一体誰がチェックするのでしょう。これは使い過ぎですよ、なんて天皇に進言できる人なんているのでしょうか。…きっといませんよね。

天皇家がどれだけ国家予算を使って豪勢な暮らしをしているかは、ネットをちょっと調べただけでも沢山出てきます。


RAPT|どの角度から見ても「天皇」こそがこの世界の悪の頂点です。

これらの記事を読めば、眞子さまや絢子さまに支払われる一時金なんて彼らにとってははした金に過ぎないことが良くわかります。もしかしたらこれでも国民感情に配慮して少額にしている、なんて思っているのかもしれませんね…。


最後に守谷さんの勤務先の日本郵船、世界でも最大手の海運会社だそうで、現在は貨物や旅客を運んでおりますが、

創業当初は若い日本人女性達を、欧米に「輸送」していました。




1900年初頭から天皇の命令の下、「海外に行けば良い仕事があり、豊かな生活が出来る」という宣伝が日本全国で大々的に行われる事になりました。
 
日本の健全な家庭に育った当時の若い女性達は天皇の言葉を信じた事は言うまでもありません。

天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に犯罪された」日本人女性の数は数十万人といわれております。 
 
大部分は健全な家庭に育った若い女性達であり、天皇は「健全な女性を売春婦」として「売却」する事で、欧米の売春業者から女性1人あたり数千円、当時普通の会社員であれば10数年分の給与を手に入れていたのです。
 
その金額が数十万人分=莫大な資金がこの天皇一族のサギ行為、女性の人身売買により天皇一族に転がり込んだわけです。
 
その資金の一部は戦争のための兵器購入に当てられましたが、大部分は天皇の「個人財産」として「蓄財」されました。
 
天皇一族は自分の金儲けのために、健全な若い日本人女性をだまし、売春婦として欧米に「売却」して来ました。

天皇一族は欧米の売春業者とタイアップした日本の売春業者なのです。 

天皇により経営される日本郵船により、欧米に「売却」された日本人女性は、1人残らず現地に着くと即座に売春宿に「連行」され監禁されました。
 
そして売春を強制されました。初めての外国であり、逃げ場も助けてくれる相手もいない。数十万人の日本人女性が、天皇によって売春を強制された。これが従軍慰安婦の原型とも言えるでしょう。

日本郵船の共同経営者三菱財閥もこの売春業で巨大化しました。  


ーーー抜粋ここまでーーー


…天皇一族のクズっぷりに言葉を失います(゚д゚)。

日本郵船もこんな「輸送業」をしていたなんて、流石にウィキペディアにも書かれていませんね。

こんな一族が日本を代表し、こんな会社が日本の名門企業なんてとんでもないことです。あまりの保身の上手さに、言葉は悪いですが反吐が出そうです。

守谷さんに関しては、彼は最初からこうなるように育てられた人ではないかと思います。皇室と何の縁もゆかりもない人が、彼らと縁戚関係を結べるとは思えません。

「家」や「血」に拘り続けたからこそ、天皇家は2000年以上も続けることが出来たのですから。

彼らは家を途切れさせないことにかけては世界一のプロです。

そう考えると、小室さんもどこかで皇室と繋がっている可能性があります。本当にどこの馬の骨とも分からない人物なら、天皇が結婚を許可しないでしょう。彼の母方の家系図は明らかにされていませんからね。


komuro.jpg

*左は最初に紹介された「海の王子」小室さん。右は最近。これ同一人物に見えないんですけど。整形でもしたのでしょうか?


私は眞子さまの結婚に関して、たとえ全ての国民が反対したとしても、それで彼らが何かを変えようとするとは思えません。彼らからしたら国民の声など雑音にしか聞こえていないでしょう。

例えば皇太子一家は、毎年GWや春休みなど駅や道路が一番混雑する時に交通規制をかけてご静養に行きます。それで足止めされて困っている人達の前でにこやかに手を降って通り過ぎられます。

どうしてこういうことが平気で出来るのでしょうか。

それに絢子さまの納采の儀も、日航ジャンボ機が墜落した8月12日に執り行わなければいけない何か特別な理由でもあったのでしょうか。

たとえあったとしても、この日はご遺族の方は勿論、多くの日本国民にとっても忘れられない悲しみの日です。本当に皇室が国民感情を第一に考えているのなら、この日は選ばないと思います。

こんなことからも、彼らが国民のことなど念頭に無いことが明らかになるのです。脇が甘いですね。


britainroyal1.jpg 

swedishroyal.jpg

denmarkroyal.jpg

kokyo.jpg


*オープンエアーバルコニーで国民に姿を現すヨーロッパ王家の人達と、防弾ガラスの向こう側から機械的に手を降るだけの皇室の人達。


昭和の時代は、このようにおおっぴらに皇室を批判することはタブーでした。

しかし今は自由に皇室に対して声を挙げることができます。美智子皇后に対する批判さえ聞こえるようになってきました。

今の様に自由に意見が言えること、声を挙げる場があること、これはネット社会がもたらした恩恵です。

私は眞子さまと小室さんにはこのまま国民の声を無視して突っ走っていただきたいと思います。

そしていかに皇室の人達が私達の感覚とずれているのか更に明らかにしていってもらいたい。

国民が皇室への不信感をどんどんと募らせていくお手伝いをしていただきたいと思います。


天皇家の悪事について更に深く知りたい方は、こちらもどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト

* Category : 皇室

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する