種を蒔く人

フィギュアスケートとX JAPAN。聖書の神様を信じています。

羽生結弦選手の今シーズン

yuzuex2018.png

羽生選手の今シーズンのショートプログラム。
ジョニー・ウィアーに捧げる「秋によせて」。
私にはこの曲はマリア・ブッテルスカヤのイメージが強い。
確か村主章枝も使っていたと思う。

ちょっとセンチメンタル過ぎて、昼メロのBGMみたいで好みの曲ではないけれど。
羽生選手のちょっと思い入れが強すぎる表現方法には合っているのかもしれない。
でもあの乙女チックな衣装にはいい加減うんざり。
エキシの衣装にいたってはもう…(少女かお前は!)
まあ昨今はLGBT押し、ジェンダーフリー押しだから
男らしくしろ!なんて言ったら逆に批判されてしまいますね。

しかし不思議なのは羽生選手が2シーズン連続で怪我をして、
2シーズン連続で大きな大会を欠場することになったことに対して
誰からもどこからも不注意だという声が聞かれないことだ。(小塚崇彦を除いて)

去年のも、今年のも、どちらも同じように練習中のジャンプでのケガ。
私はこれを聞いた時に不注意だなと思った。
同じことを繰り返すのはダメだと思った。
小塚崇彦が言うようにケガをしないことも第一人者の条件ではないだろうか。

(私は彼のあの性格が引き起こしているのではないかと推測している)

全日本は出るのか。そりゃ出ないとまずいです。
流石に3シーズン連続欠場っていうのは日本のエースとしてどうかなと思う。

それに特例も一度ならいいけれど、
これが二度三度と続くと特別扱いされてるなと思われても仕方がないです。

しかし彼は大スターだし視聴率を持っているから、連盟も彼に特例を出さないわけにはいかない。
スポンサーとの兼ね合いもあるだろうし。

私は彼のスケートが好きだ。
一番美しいと思う。
氷上の彼のファンである。

しかし彼のあの異様なまでの負けん気の強さ、こだわりの強さにうんざりしてしまうことが多いのも事実なのだ。

(あのネックレスとパワーストーンブレスは気味が悪い。オカルトチックだ)

その点、友野一希クンはいいな。話しとか聞いていると普通でホッとする。
笑顔も自然だし。ラーメン好きなのね。

宇野昌磨選手もそう。
彼のスケートはクセが強すぎて余り好みでは無いけれど。
でも彼の笑顔を活かす明るい曲で滑ってくれたら
きっとファンになっちゃうだろう。
(何であんな暗くて重い曲ばっかり選ぶのだ)

羽生結弦はもっと肩の力を抜いて楽にしてられないのか。
ここまで有名になって自意識過剰になるのも仕方ないのだろうけれど
私はあの異様なまでのテンションの高さが彼の内面の不安定さを物語っていると思う。
かなりギリギリのところでバランスを保っているのではないだろうか。

彼が完璧な演技をしたら誰も敵わないと思うからこそ
毎シーズンにおける彼の不安定さが惜しまれて仕方ありませぬ。

最後に
エキシのプログラム(毎年)つまらない。ワンパタでもう飽きた。

<追記>

羽生選手、全日本欠場ですね。
もう今回はペナルティでいいのではないでしょうか。
特例続きは本人のためにならないと思います。
海外の選手はGPシリーズは欠場してもナショナルには出ます。
それ位、国内チャンピオンは大事なのです。



関連記事
スポンサーサイト

* Category : 羽生結弦

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する