フィギュアスケートとX JAPANと聖書。

hideの死 悪魔が存在することについて

 0
hidesmoking.jpg


5月2日。

毎年この日をhideのご家族はどのような気持ちで迎えてらっしゃるのでしょうか。


彼の死は未だ謎とされています。

弟の裕士さんは「肩のストレッチをしていた際の事故だと考えている」とおっしゃっていました。


ご家族としてそう結論づけざるを得ない気持ちは良くわかります。

そうでも思っておかないとやり切れないのでしょう。


…でも果たして酔っ払った人間が帰宅してから肩のストレッチをしようなんて考えるでしょうか…。


という疑問がどうしてもつきまとうのです。

hideの死の原因は一体何だったのか。


ここからは全くの個人的見解になります。

私はhideの死には「悪魔」の存在が絡んでいる、と思っています。

その三つの可能性を上げます。

聞き流したい人は聞き流して下さい。


hideguiter.jpg



hideの亡くなる前日5月1日は古代ケルトの「ベルテーンの祝祭日」

これはベルテーン(バアル)という悪魔に血の生贄を捧げる日。

だからこの前後の期間、実際に生贄が捧げられている。

カーレースで事故死したアイルトン・セナがそうだと言われている。

忌野清志郎もこの日に亡くなっている。

悪魔崇拝者である天皇の即位が5月1日だったのも、この日が彼らにとって重要な意味を持つからだ。)


1)前回の記事でも触れたが、hideはこの5月1日にとても「悪魔的」なビデオを撮っている。

悪魔的なパフォーマンスは悪魔を呼ぶ。

hideと悪魔の波長が合ってしまった。

悪魔が彼に働きかけ、幻覚を見せ、幻聴を聞かせた。

それでhideは錯乱してしまい、泥酔状態であったことも働き、何らかの拍子で首を吊ってしまったのではないか。

彼自身死ぬ気はなかった。だから彼の死は事故死である。


2)悪魔に魂を売った人間に殺された。

hideの死は悪魔への生贄であった。

誰かが自分の成功と引き替えにhideの命を捧げたのだ。

(その「誰か」は勿論私には分からない。)



3)33歳で死ぬことが悪魔との契約であった。



*イルミナティとは




全ては神様がご存じです。







少なくとも彼のビデオにはセックス&ドラッグや暴力等の犯罪的要素は無い。

そこが救いだ。

これらの悪魔的なMVは海外ミュージシャン達からの悪影響に過ぎない。

L.A.は悪魔を崇むミュージシャンの聖地だから、hideが知らずのうちにその影響を受けてしまったとしても不思議ではない。

しかし彼らとhideには決定的な違いがある。


彼らは基本クリスチャンだから悪魔の存在を知っている。


それに対してhideは知らない。殆どの日本人はそんなこと知らない。

聖書には悪魔について書かれている箇所が沢山ある。

だから海外のミュージシャン達は悪魔の存在が分かった上で、あんな悪魔的なビデオを作っているのだ。

そしてそれが自分を破滅へと向かわせていることも、十分承知していたりする。

それでもいい、今この時が良ければ、と思っている名声に目がくらんだ奴ら、それが彼らだ。


hideはそんな奴らの影響を受けてしまったのだ、きっと。

悪魔的な波長は悪魔を呼び寄せてしまうことなど知らずに。


次元は違うけれど、コックリさんを遊び半分でやるのは危険だというのは

こういうことなんです。

hide、安らかに。


今回の記事の内容をより良く理解していただくために、こちらの記事を紹介します。

「悪魔」の存在について日本人は無知過ぎます。

知る必要があると思います。





関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply