話しの種まき

フィギュアスケートとX JAPAN。

Toshl 神様に愛されているボーカリスト

Toshlvocalist.jpg

X JAPANはToshlがいなければ始まらない。

ギターもドラムも代わりが効くが、ボーカリストの代わりはいない。

中にはボーカリストを変えて活動しているグループもあるけれど

X JAPANに限ってそれは有り得ない。

ファンにとってX JAPANのボーカリストはToshlだ。

X JAPANにはToshlが不可欠。

何故ならX JAPANの曲は全てToshlの声で再生されるのだ。

ファンの脳内では。

だから別の人が歌ったらそれはもう「X JAPANの曲」ではないのです。

それ程Toshlの存在は絶対。


よくYOSHIKIが天才だと言われるが、本当の天才はToshlではないだろうか。

ギターやドラム、ピアノは練習すれば上達できるけれど、声だけは練習しても獲得することは出来ない。

持って生まれたもの、神様から与えられたもの。歌は才能。

どんなに歌を練習しても、頑張っても、生まれつき歌の上手い人にはかなわない。

一体どれだけの人達が世の歌手たちを見て、自分もああなりたいと羨ましく思うことか。

Toshlはそれを天から与えられた。

神様からのギフトだ。


そしてそれを活かすために与えられたのがYOSHIKIだ。

神様はご自分が使いたいと思う人を決して一人にはしておかない。

その人と対となる相手を必ず付けて下さる。アダムにエバを与えたように。

だからToshlとは色んな意味で正反対のYOSHIKIを与えた。

Toshlが自分の才能を誇ることがないように。驕り高ぶることがないようにと。


神様のご計画は人間には量り知ることが出来ない。

Xの皆が同じ時代に生まれ、そして出会い、一緒に活動するようになったことも、きっと深い意味があったのだろうと思う。

xearlytime.jpg


ToshlがX JAPANから離れた結果、彼は声を休ませることが出来ました。

ずっとX JAPANで限界ギリギリの声を出して歌っていたら、今頃Toshlの喉は潰れていたでしょう。

あの10年間は、彼のボーカリストとしての寿命を伸ばすために神様が与えて下さった時間だと思っています。

あんな地獄のような生活の中でも、神様は彼から歌を取り上げませんでした。

歌を歌うことが出来たから彼は正気を保ち、声を保つことが出来ました。

そして最終的にはMASAYAのおかしさに気づき、無事にHOHを抜け出すことが出来ました。

彼にはまだMASAYAを疑うだけの正気が残されていたのです。

それは神様がToshlを完全には見捨てていなかったから。

スピリチュアル系にはまったこと自体は神様への反逆でしたが、

それでも神様は彼を憐れんで下さいました。

Toshlは才能を与えた愛する者だからです。


*衰えを知らないToshlの歌声に驚く。


何事も私達が祈って初めて神様は聞いて下さいます。

だから私も祈ろうと思います。

Toshlのあの声が失われませんように、と。

YOSHIKIが今までの自分を悔い改めてくれますように、と。


その結果、神様の御心に適う、百年も千年も先に残る楽曲が成されますように、と。


ムリだと思いますか?

でも神様にできないことはありません。

祈りには自分の人生、果ては世界まで変える力があります。

最近のToshlとX JAPANを見て、イライラしているファンも多いと思います。

それなら神様に祈ってみて下さい。

あなたの祈ったことが何であれ、御心であれば叶えられますし、御心でなければ叶えられません。

けれど叶うか叶わないかが問題ではないのです。

あなたが「祈った」というその行為が大事なのです。

それが神様を喜ばせるからです。

ですから無駄になることは何もないのです。



関連記事
スポンサーサイト



* Category : Toshl

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する