話しの種まき

フィギュアスケートとX JAPAN。

「龍」はサタン。Toshlの洗脳は解けたのか。

toshix.jpg


中国の四神が由来。四神とは青龍・白虎・朱雀・玄武。


「神」と名が付いているけれど、龍も虎も獣です。

獣は神ではありません(そんなの誰だって分かりますよね。)。

神に敵対する存在です。

悪魔の数字666は獣の数字。(ヨハネの黙示録13章を参照)


だから悪魔崇拝者達のシンボルには獣が多い。

koshitsu.png
(京都御所の清涼殿にあったとされる天皇家の家紋。獅子と一角獣。)



Rothchild.png

(ロスチャイルド家。同じく獅子と一角獣。)




聖書では龍は悪魔のことを指す。

-----(ヨハネの黙示録12章7〜9節)

さて、天では戦いが起った。ミカエルとその御使たちとが、と戦ったのである。もその使たちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼らのおる所がなくなった。
 
この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。


-----(転載ここまで)


龍は悪のシンボル。



「龍玄」はある年代の人にはこれを思い出させる。

「黒龍会」と「玄洋社」。



結論。龍を名前に使用するのはやめたほうが良い。

龍は悪魔です。

スピリチュアル系の人は龍を神扱いしますが、スピリチュアル系思想が危険なのは皆さんもよーくご存じですよね。

(何よりもToshl自身が一番身を持って知っているはずです。)

龍はスピリチュアル系の人が好むシンボルです。

だから「龍玄」は止めて欲しいな、と思うのです。

toshiki.jpg
「Toshlってトシって読めないよね~」
「そういうこと言わないでくれる?」


彼はまだ洗脳されているのかどうか。

一度カルトに洗脳されたらそこから完全に抜けるのは不可能に近い。

何故なら脳がそのような思考回路になってしまうから。

シナプスが形成されてしまうのです。

Toshlの洗脳期間は約10年強。そうなるには十分な時間だったでしょう。

だから彼の洗脳はかなり深かったはずです。

HOHから離れた現在でも何かのきっかけで簡単に元に戻ってしまうでしょう。

「龍」にパワーを感じている時点で、まだスピリチュアル系の思考回路が残っている証拠です。

そして彼は自分の恩人を「お父様」と呼んでいるようですが、これも危険な兆候の一つです。

Toshlのその「お父様」が実際には良い人であったとしても、何故Toshlがそう呼ぶことを許しているのか。

普通なら、自分の子供ではない人にお父様なんて呼ばせないと思います。

統一教会では、教祖夫妻のことを信者にお父さま、お母さまと呼ばせています。

精神的に依存させるわけです。

それとToshlの件が似ているように感じてしまうのですが。

この「お父様」は元警察関係の方らしいですが、一体どんな人物なのでしょう。

まさか裏でしてやったりと笑ってはいないですよね。

私の稀有であることを望みます。


洗脳を完全に解くことが出来るのは神様だけです。

祈って神様に救いを求める以外に解く方法はありません。


Toshlは公で決してサングラスを外さなくなりました。

一体何から自分を守っているのでしょうか。

サングラスを外さないのは周囲に心を閉ざしているからではないでしょうか。

もしかしたら楽しそうにしている時も、彼の目は笑っていないのかもしれません。

負った傷はそう簡単に癒されるものではないのかもしれません。

20代のTOSHIは本当に明るくて屈託のない青年でした。

今更20代には戻れないにしても、彼本来の明るさを取り戻すことは出来ます。

そうなれるよう皆さんも一緒に祈って下さい。

toshihide.jpg
*この頃は良かったね。




関連記事
スポンサーサイト



* Category : Toshl

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する