話しの種まき

フィギュアスケートとX JAPAN。

浅田真央が李王家の血を引いている可能性(前編)

maoleechan.jpg

anothermao.jpg


親や親族との血の繋がりを顔立ちで感じることはありませんか?

目だったり、口元だったり、顔の輪郭だったり、その家独特の顔立ちってありますよね。

例えばマリア・テレジアで有名なオーストリアのハプスブルグ家。少し極端な例ではありますが。

彼らは「汝幸いなるオーストリアよ、結婚せよ」のモットーの元、近親婚を繰り返しました。

そうしたらその結果血が濃くなり過ぎ、子孫達は一目でハプスブルグ家の人間だと分かる、奇妙な人相になってしまいました。
phelipp4sei.jpgcarlos2sei.jpg


顔は血縁を示す証拠。遺伝子は誤魔化せない、ということが良く分かりますね。


さて、表題の浅田真央ですが、彼女はよく安倍晋三と似ていると言われています。
abeyouth1.jpgabeyouth.jpg


彼女の父親も安倍晋三に似ていますね。
maotosan.jpg


親子共々似てるって、彼女は安倍晋三とどこかで血が繋がっているの?と思ったとしても不思議ではないですよね。

そこで冒頭の2枚の写真です。

彼女は李徳恵と言って李王朝最後の王女です。

浅田真央とそっくりじゃないですか?

そしてこの李徳恵、実は安倍晋三と親戚です。

その家系図がこちら。


36208ecace72b24fc2decbc916944514-1.png

(赤と青の囲みはブログ主がつけました)
出典:https://rapt-neo.com/?p=51007



この家系図&上の記事から、まず安倍晋三の父親の普太郎は、李垠と李方子の子供であることが分かります。

母親の岸洋子は、李氏朝鮮初代王、李成桂の子孫。

安倍晋三は日本の皇室(梨本宮家)と朝鮮王家の血を引いている、極上のブルーブラッドなんですね。

(長期政権を握らせて貰えるのもこういった理由があるからなんでしょう。)

そしてその垠は、(浅田真央にそっくりの)李徳恵の異母兄にあたるのです。

なので安倍晋三にとって李徳恵は大叔母にあたります。

安倍晋三、浅田真央、そして李徳恵。

この三人の顔の輪郭、眉、目、鼻、口は同じような特徴があります。

それは最初に述べたハプスブルグ家と同様に、同族間の婚姻により血が濃くなっていった結果なのではないでしょうか。

masaeso.jpg
*李徳恵の娘、正恵。彼女も浅田真央、安倍晋三にそっくり。


実は浅田真央は安倍晋三だけではなく、別の有力者の血も流れている可能性が高いのです。

上記の家系図にはもう一人、私が印をつけた人がいます。

「出口王仁三郎」という人です。

彼は新興宗教「大本」を開いた教祖です。

そして大本にはもう一人教祖がいます。

それが出口なおです。

その出口なおと浅田真央の母親匡子さんがそっくりなのです。
maohaha3.jpgdeguchinao1.jpg


大本は生長の家の母体となった宗教団体です。

生長の家がどういう組織かは既にこちらでお伝えしていますね。

安倍晋三含む日本の政治家の多くが信仰している宗教団体です。

浅田真央の母親がそこの教祖によく似ている。

これは一体どういうことなのか。

出口なおには8人の子供がいます。

匡子さんはそのうちの誰かの子孫なのではないでしょうか。

少なくともそう考えてもおかしくない程、二人は似ていると思います。


これが真実だとすると、浅田真央は政界と宗教界両方の大御所の血を引いていることになり

血筋を重んじる彼らの世界ではかなりの重要人物と位置づけられることになります。


浅田真央の両親の出自は調べても殆ど出てきません。

というか全く分からない、と言っていいと思います。

あれだけ長い間国民的人気者だった人の親なのに、これは少し不自然ではないでしょうか。

大抵遠縁の人とか地元の人から、何かしらの家族のエピソードが漏れて出てくるものなのですが、それさえも無い。

それもこれも、浅田真央の血筋ゆえに箝口令が強かれているのであるとすれば、納得です。

敏治氏に逮捕歴があること、一体どれだけの人が知っているでしょうか。

彼が2015年に女性へのDVで逮捕された時、殆どのマスコミはそれを黙殺しました。

週刊新潮が記事にしましたが、しかしTVのワイドショーが飛びつくことはありませんでした。

普通なら飛びつくおいしいネタですよね。

この記事はそこに疑問を呈しています。



やはり、浅田真央はマスメディアに守られているのではないでしょうか。

彼女が安倍晋三と血縁であり、朝鮮王族の(そして日本の皇室の)血を引いているということであればこそ、

彼女のソチでの惨敗がいつのまにか「伝説のフリー」となり、

あれだけ金メダル候補と騒がれていたのに、それを逃したことについては、誰も何も言わず、

逆に「真央ちゃん感動をありがとう」と(他に金メダリストがいるのに)雑誌の表紙になったのだとしたら。

SPで大失敗を犯した結果の16位は、フリーが良かったから別にいいじゃないとばかりに、まるでなかったことになってるし。

それが証拠に、YouTubeではその大失敗のショートの動画が見つかりません。

フリーは「伝説の演技」と題されて沢山アップされています。

これが私には不思議でした。

私はずっと探してるんですよ、彼女のそのショートを。団体戦も個人戦も。

でも見つかりません。かつてあったのも今は消えて残っていません。

YouTubeが彼女に忖度でもしてくれてるんでしょうか。


*そんなことはない、真央ちゃんはバンクーバー五輪であんなにマスコミにいじめられたじゃないか、と言う人。マスコミは在日に支配されています。彼らはキム・ヨナを応援しただけです。浅田真央を下げた訳ではありません。相手を徹底的に痛めつける、それが彼らの応援の仕方なんです。


さて、李氏朝鮮王家「李家」が普通の一族であれば、話をここで終わらせます。

真央ちゃん、朝鮮の血が流れているから芸能界で力があるんだね、で終わりです。

でもまだ続きがあります。

後編へ続きます。

【追記:2019年6月26日】

やはり安倍晋三の父、安倍晋太郎は、李垠と李方子の子供だったようです。




関連記事
スポンサーサイト



* Category : 浅田真央

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する