フィギュアスケートとX JAPANと聖書。

YOSHIKI 破滅に向かっちゃいけない。

 0
yotopa.jpg

分かっていたけど、どこかで認めたくなかった。彼の音楽が好きだから。

けれど認めるしかない。やっぱりYOSHIKIは悪魔崇拝者だ。今更ソースを上げなくても、分かる人には分かるだろう。

(実際に悪魔崇拝で有名なマリリン・マンソンと親交がある。YOSHIKIとのツーショットがあるが、マンソンの写真なんか貼りたくない。)

どうしてこうなったのか。いや、最初からそうなんです。グループ名を「X」にした時からそうなんです。

Xはアンチキリストの意味だから。

(本人はXには「無限」の意味があるからと言っているが、そうだよね。まだあの時は高校生だったんだから、ヘンな意図は無かったはずだよね…。)

しかしこれだけではない。

彼の詩やビデオにはよく「薔薇」が出てきますが、これがまたアンチキリストの象徴なんです。

薔薇とは茨のことで、ユダヤ人たちがイエス様を磔にした時に被らせたのが、茨の冠です。

そして彼がよく身に付けている十字架のネックレス。

十字架はイエス・キリストを磔にして殺した場所。

だから悪魔崇拝者達にとってこれらは神に勝利した象徴なんです。

(教会に十字架を掲げている現代のキリスト教は、バチカンを筆頭に悪魔崇拝者達に乗っ取られています。)

これはやはり、そういうことなんですよね。YOSHIKIは悪魔を拝んでいるんですよね。

しかしこれはYOSHIKIに限ったことではなく、世界中殆ど全ての有名アーティスト達が悪魔と契約を交わしています。

マドンナなんてこれみよがしに十字架をアクセサリーにしていました。

そして淫らな歌を歌い踊り、神様を冒涜していました。


私は不思議に思います。何故悪魔に頼るのでしょう。何故神様に頼らないのでしょう。


大昔からそうでした。旧約聖書の時代から、人民は神ではなく悪魔を拝んできた。神様に逆らってきました。

イエス様やパウロ、ペテロなど神様を信じる人が現れると、彼らは迫害して殺してきました。

悪魔の支配はもう何千年と続いています。だから戦争、飢餓、貧困、搾取がこの地上から無くならないのです。

全て、この世の悪の元凶は悪魔なのです。

何故悪魔がここまで強くなったのか。それは悪魔を拝む人の方が、神様を拝む人よりもはるかに多いからです。

そんな人類に神様は背を向けていらっしゃいます。自分ではなく悪魔を拝むような者達に、神様の方からわざわざ手を差し伸べるようなことはなさいません。

とにかく私は悪魔を呪います。

純粋な人の心を蝕み、誘惑し、美味しい物を与え、その後堕落させ、絶望に落し、そして最後には滅びの道へと行かせてしまう。

一体どれだけの才能が悪魔によって潰され、どれだけ純粋な魂が汚されて、地獄へと落とされていったことでしょう。

hideもそうでした。彼もマンソンと知り合い悪魔崇拝に傾向してしまいました。だから破滅の道をたどってしまうことに…。

(hideが好んで使っていたサイケアートは、LSD患者の幻覚症状から生まれたものです。)


逆に悪魔は才能の無い人を持ち上げます。

世の中には「何でこんな物が?」と思われる芸術作品とやらが山ほどあります。そしてそんなものに限って、数々の賞を取ったりしているんです。

なので私達は「芸術とは何かわけの分からないもの」と思ってしまいそれから遠ざかってしまうのです。

そしてそれが悪魔の狙いなんです。



このままいけばYOSHIKIは必ず自滅してしまうでしょう。

悪魔は最後には全てを取り上げるからです。

彼が非常に忙しくしているのも、世界中を飛び回り、色々な人と会い、次から次へと仕事を入れるのも、全ては手に入れた物を失わないためでしょう。

どんなに楽しそうに見えても、心の奥には常に不安や恐怖が付きまとっているのです。

何と気の毒な人生なんでしょう。成功しても苦しいだけです。

だから早く悪魔と手を切らないといけません。マンソンなんかと付き合ってはいけない。ジーン・シモンズなんか仰いではいけない。

社交関係も一度全部断ち切った方がいいです。

富や名声が一体何でしょう。永遠の地獄と、永遠の天国と、どちらがいいかは明らかです。

私達日本人は神様の存在を知りません。

だからYOSHIKIは神様に反逆して悪魔を拝んでいる訳ではありません。

単に無知だっただけです。

そこがクリスチャンから悪魔崇拝者になった欧米人達とは違うところです。

きっと神様は情状酌量して下さると思います。

まだ間に合います。

彼は自分の音楽までは悪魔に捧げていないと思うから。

だから救われる余地があると信じたいです。


…私はまだまだ甘いのかな。

*「Longing」これがまたいい曲なんです。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply