フィギュアスケートとX JAPANと聖書。

Toshlはやっぱりロックシンガーだ

 0
toshirock.jpg


最近のToshl、もうロックから心が離れたのか、と気になっていました。

昭和の歌謡曲のほうが好きなのか、と。

でも最近のブログで、手越って人が歌った「紅」について書いており

その中の一文に安心しました。

「僕のロックスピリットをメラメラと燃え上がらせて下さったのです」

ロック、って文字がちゃんとある(笑)

良かった、ロック界から足を洗った訳じゃなかったのね、と嬉しくなりました。

手越クンって人、どうもありがと。


それにしてもToshlは本当に良い人ですね。

SNS上で手越クンの紅が悪く言われていたことを知った上での

擁護のコメントだったと思います。

FaOIの際もメドベージェワ選手に援護射撃しましたね。

「日本から出て行け」などという酷い手紙で気落ちしていたであろう彼女を

彼は「心根の優しい人」「心から尊敬する」とブログで褒めました。

Toshl、あなたも本当に心が優しい人ですね。

心の美しさが声に現れています。

だから彼の歌を聞いた人は感動するのでしょう。

今回のFaOIでも沢山のファンを獲得しました。

今のこの荒んだ世の中、人々はかつてないほど癒しを求めています。

Toshlの声はまさにその癒しです。

彼は自分には時間が無い、と言ったことがあるそうです。

それはきっと声のことだと思います。

楽器を演奏するならば、年をとればとるほど熟達していく。

けれど声は衰えて行く。

でも何度も言いますが、彼の声は神様からのギフトです。

彼がそれに気づき、驕り高ぶることなくそのことに心から感謝すれば

神様はきっとその声を永らえさせて下さることでしょう。

時間が無いなどと自らの可能性を縮めるようなこと、言って欲しくはありません。

彼の凄さを知らない日本人はまだまだ沢山います。

もっともっと多くの人に、Toshlという不世出のシンガーの存在を知って貰いたいです。

日本を代表する歌手が美空ひばりのままでいいのでしょうか。

もういい加減別の人が出て来てもいい頃です。

それがロックシンガーだったら嬉しくなりませんか?ワクワクしませんか?

日本を代表する音楽はもう演歌じゃない。歌謡曲も廃れた。J-POPも秋元と小室がダメにした。

これからはToshlの時代になって欲しい。大げさでは無く。

彼はこれからもっと評価されるでしょう。

他の歌手たちが衰えて行く中、彼の喉はますます冴えていき、多くの人を驚かせていくでしょう。

それで彼が高慢になったら、神様はその声を奪うと思いますが

Toshlならきっと大丈夫。

YOSHIKIという超カリスマを目の当たりにしてきた彼が、自己評価の低かった彼が、驕り高ぶることはないと思います。

今回のFaOIは新たな挑戦だと言っていました。

そして見事それに成功しました。

だから次は是非、X JAPANで新たな挑戦をして欲しいです。

そろそろX JAPANのToshlも見たいです。

ダイハードなXファンの存在も忘れないで下さい。

彼らがずっと応援してくれていたからこそ、今があるのでしょう。

それは忘れて欲しくないなと思います。

なのでよろしくお願いします。

今年でXは30周年だよ。

*このToshlの声にシビレル。




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply