フィギュアスケートとX JAPANと聖書。

今シーズンは宇野昌磨に期待だ

 0
shomaspirit.jpg

宇野選手は今季シエイリン・ボーンとデビッド・ウィルソンの振付だそうですね。凄く楽しみです。

何故なら私の好きな宇野選手のプログラム、「This Town」と「Great Spirit」はこの二人の作品だから。

樋口コーチのそれとは一味も二味も違う、振付の独創性や選曲の妙、とでも言ったらいいのだろうか。

(個人的に樋口美穂子テイストはどうも感性が合わなかった。)

宇野選手自身も「今年はエキシ?みたいなプログラムを試合で出すと思う」と言ってますから、これは期待できますね。

それにフィギュアスケートはコーチや振付師の知名度も大事なんです。

その点ウィルソンなら問題ないし、シェイリーンも羽生選手の五輪金プログラムや、樋口新葉選手の「スカイフォール」で評価を上げたと思います。

だから今シーズンの宇野選手を楽しみにしています。

ただコーチが決まっていないのが少々気がかりです。

独りよがりにならないためにもコーチは必要だと思います。

宇野選手はちょっと頑固なところがありそうですから、少しズレた時に傍ですぐ軌道修正してくれる存在は必要ではないかと。

ジャンプは本田さんに見てもらうそうですから、そこは良かったです。

きちんと見てもらわないとまた悪いクセがひょっこり出て来てしまうかもしれませんからね。

宇野選手は今までジャンプの失敗で涙を呑んできたから、きっとそこは痛いほど良く分かっているのでしょう。

是非バンクーバー前の浅田真央を他山の石としてほしいところです。

さて、私個人としては彼が北米(正確に言えばカナダだけど)スタイルで行くことにホッとしています。

振付がタラソワとかロシア勢だったら、ただでさえ宇野選手の表現にはくどい所があるから、濃すぎてウンザリしそうで(笑)

とにかく今シーズンは目指せ打倒羽生です。私は勿論羽生選手も好きだし応援してはいますが、そろそろ新しいチャンピオンも見たいです。

そして同時に屈辱にもがき、そこから這い上がってくる羽生結弦、というのも見てみたいです。

かつてのヤグvs.プル、キムヨナvs.浅田真央みたいな、火花バチバチが見たいというのが本音。

フィギュア再び戦国時代に突入、っていうのが見ている側としては楽しいです♪

*「ずいずいずっころばし」さえも振付けてしまうウィルソン。



関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply