フィギュアスケートとX JAPANと聖書。

なぜ日本は韓国に弱いのか

yunagold.jpg


U18W杯は日本が5位に終わりました。監督の采配が悪かったとか、選手の選び方がおかしかったとか色々と言われていますが、やはり選手達のモチベーションが低かった、ということですよね。

彼らにとって一番大事なのは甲子園。W杯よりも甲子園。野球少年の最初の目標は「甲子園出場」。出来る子は「プロ野球選手」。

だからとは言いたくないですが、今大会やけに気になったのが日本人選手達の笑顔。

笑顔自体は悪くないですが、練習中や試合中に歯を出して笑うのはどうなんでしょう。ましてやミスをして笑うのはご法度では。

台湾、韓国、カナダ、アメリカ、オーストラリア、皆表情は真剣そのものでした。ニヤニヤしてる選手はいませんでした。

しかし今の日本の学生野球はこれが主流らしいですね。過去の耐える辛い野球を反省して、「楽しむ野球」をしようということらしいですが、しかしその結果が5位では…。

必死でかかってくる相手には「楽しむ野球」は通用しませんね。

特に韓国のような日本に対して必死でかかってくる相手には。

以前に桃田選手の記事で“日本は韓国に勝てない”というバドミントンの法則があると書きましたが、それは他の分野においても言えると思います。

日本人は韓国人に比べてここ一番に弱い、というのが私の率直な感想です。

最初にそれを強く感じたのがバンクーバー五輪のキム・ヨナと浅田真央の対決でした。

浅田は最初からキムに気合いで負けていた気がします。

キムはヘアメイク、衣裳をバッチリと決めて堂々としていました。

かたや浅田はそんな彼女の前に(いつもそうですが)どこか頼りなさげでした。

kimvancouver.jpg
*SPでいい演技をして喜ぶ浅田真央を見るキム

まぁこんな顔はしなくていいと思いますが、ここ一番の大勝負ではこういった強気の姿勢が大事だということでしょう。

キムには「日本人には絶対に負けられない」「2番だと誰も振り向いてくれない」という大きなプレッシャーがあった。もし浅田真央に負けたら国には帰れない、帰ったら卵を投げつけられる、くらいの気持ちで毎日を過ごしていたと思います(多分)。

競争社会の韓国はそんな国です。負けても誰も「感動をありがとう」なんて言ってくれません。

そんな彼女を気の毒だと日本のアンチ達は揶揄りましたが、でも金メダルを取ったのは彼女でした。最後に笑ったのは彼女でした。

楽しさは求めずとも努力の結果として後からついてくるものだった、ということです。

ここ一番で皆の期待に応えたキムと応えられなかった浅田。ここに私は日本人と韓国人のメンタルの違いを感じた次第です。

maowatcher.jpg


昔読んだ本の中に日本と韓国の教育の違いが書かれていました。

日本ではクラスに母親のいない子がいると、先生が他の生徒達に「○○ちゃんの前ではお母さんの話はしないようにね」と注意をする。

韓国では「○○ちゃんにはお母さんがいない」とはっきり言う。そして○○ちゃんのためにどうしたらいいのかをそれぞれが自分で考えるように導く。

どちらがいいのかは国民性の違いがあるので一概には言えませんけれど

私には韓国のやり方のほうがいいと思います。子供を鍛えてくれると思います。世間がいつもその子に優しいとは限らないのだし、ならそれに耐えられるだけの強さを見に付けさせてあげるのが、真の優しさだと思います。

日本のやり方は一見優しそうに見えるけど偽善です。その子は他人のちょっとした一言で傷ついてしまう弱い子に育ってしまうでしょう。


学校とは勉強をする場だけではなく、大人になってからどうやって世間の中で生き抜いていくか、そのための強さを見に付ける場でもないでしょうか。

しかしこの世には少し子供達に厳しくしただけで「虐待だ」と言うアホなモンスターペアレントが沢山います。

だから野球も厳しくではなく、楽しくやらないといけなくなってしまったのですね。

これもマスメディアの責任が大きいと思います。こういった馬鹿親の声をいちいち大きく取り上げて、必要も無いのに社会問題に仕立て上げてきたからです。

私はこれ「日本人弱体化計画」の一環じゃないかと思っているんですよ。

だってそのマスメディアを牛耳っているのは在日ですからね。皆さんご存知ですよね?

そしてそのマスメディアと日本政府がズブズブの関係だということも。

日本政府の要人たちも李氏朝鮮の血を引く在日朝鮮人です。

彼らと同胞です。




真の日韓友好を妨げているのは日本と韓国の李家でした。

日本人に罪悪感を持たせ、韓国人に被害者意識を持たせて互いに争わせています。何のために?「分断して統治」するためです。

ここを変えないと、彼らを追い出さないと日韓関係これからも変わらないということです。

これ以上李氏朝鮮人達が好き勝手出来ないように、世の中を変えていかなくてはいけません。

政府を抜きにすれば日本人と韓国人は上手くやっていけるのですから。民間交流を見ればわかりますよね。

そして日本人も韓国への罪悪感が無くなれば彼らと対等に渡り合えるようになるでしょう。

希望はあると思いますよ。



関連記事
スポンサーサイト